review 営業が面白い会社のインタビュー

代表取締役社長 富田直人様 株式会社イノベーション 東証マザーズ上場企業
東証マザーズ上場企業です。

営業組織が弱い会社こそ、イノセルさんを使うべきだと思いますね。
自分と同じ感覚で採用基準を理解してくれているのが心強いです。

イノセルを使う前と使った後にどんな変化がありましたか?

弊社はお客様の営業支援をする商品を提案している会社なので、お客様からは営業のプロ中のプロと思われてしまうんです。

ただ、現状はそういうプロはこれから育てなければいけない、若手も多いので、お客様との期待値とギャップがありまして、それをどう埋めていくのかが課題だと思っています。これまで新卒採用を中心に採用してきたんですけれども、なかなか育つまでに時間がかかるということで、中途採用を2年前から積極的にやるようになりまして、メディアでたくさんの応募からスクリーニングしていく手間がないものですから、というのも人事体制が新卒も中途も合わせて2名体制でやっていますので、人材紹介会社を使って採用をしています。

イノセルさんは社名、イノベーションセールスということで、まさに当社のような感覚的に合うということで、起業した時に(代表の)内野さんにお声がけしてお付き合いが始まったんですけど、営業のことを分かった方が営業を採用するというのがすごく大事かなと思っていまして、たぶん、その感覚がわかっていただいているからこそ、イノセルさんがいいなと思う方は、我々もいいなと感じるし、70点くらいだったら70点だし、微妙だったら微妙っていうその感覚があっているというのがすごくいいなと思っています。

弊社を通じて入社した営業の方はどんな評価ですか?

営業で極めたいという思いが強い男性で、当社の商品になれるまで時間がかかっているものの、営業を極めたいという思いが強いので、すごく頑張る、能力以上のことをやろうという気持ちが強く手ですね、今後非常に楽しみですね。成長が速いと思います。まだ成果を出すには至っていないんですけれども受注も何件かできていますし、楽しみな人材だと思っています。

弊社を使うとしたらどんな会社におすすめしますか?

営業に特化した人材紹介会社だと思うので、営業に強い会社は当然のことながら、逆に言うと営業が弱いというか、営業(組織)をこれから作りたいという会社にもいいなと思っていまして、先ほど申し上げたように当社のような会社はそもそも営業自体を支援する営業なので、営業採用についてはフィット感あると思うんですね。ただ、技術系の会社やコンサル系の会社などは、営業というよりも専門性が高い方が多かったりとか、エンジニアでノリが営業っぽくない人が多い会社って営業が採れない、育たない、だから伸びないというのが起きているので、だからこそ、御社のサービスを利用されて、もともと営業が弱いというのを前面に出してだからこういう人を採りたいんだよという口説きをやってもらったほうが効果が出るなと思っていまして、中長期的に営業部隊を作っていきたいという会社の方が実はフィットするかなと思っています。