fbpx

news ニュース

大谷翔平を口説いた最強の採用資料とは 2021/06/01

いつもお世話になります。

「売れる」営業採用を実現する

イノセル内野です。

 

 

 

どうしても採用したい

 

 

今までの採用活動において

そんな人に出会ったことはありますか?

 

 

 

内定を出した。

でもライバル会社に負けてしまい

辞退をされて、悔しい思いをした。

 

 

そんな苦々しい経験はございますか?

 

 

 

私は前職時代も含め、

何度もその悔しさを経験しました。

 

 

そんな時に抱く感情を例えるなら、

惚れた女性に振られ、目の前で

別の男性と腕組みをされるような

ものです。

 

 

さらに告白した後にこんな返事を

ダイレクトにいただくような

イメージ。

 

 

「ごめんなさい!

あなたはいい人なんだけど、

刺激が足りなくて、ワクワク

しなかったんです。

 

別の彼の方が目指す世界が大きいし、

一緒に叶えたいって思って、

今頑張りたい相手はあなた

じゃなくて、彼だなって感じたんです。

 

あと、社長もすごい経歴で、

成し遂げてることの大きさも

違うから、、、うんぬんかんぬん」

 

 

 

いやーもう言わないでー、

それ以上、聞きたくない!!

傷つく…。

 

 

 

でもフィードバックを受けない

と採用レベルは上がらないし、

次に活かせない。

 

 

何がダメだったのかを真摯に受け止め

何を改善すべきだったかを振り返り

考えを変えて、行動を改善して、

成長するんだ!

 

 

とは理屈ではわかっているものの、

感情がついていかない。

 

 

そして、フラれたショックが

トラウマになり、相手が好きっ

て言ってくれそうな人にしか

告白しなくなる。

 

自信がなくなり、フラれる恐怖

を避け、理想の相手を求めなくなる。

 

こんな人って多いと思うんです。

 

 

傷つくことから逃げる男性や女性が

一定数いるように、経営者にも

採用という場面で、そんなメンタリティ

になる人って意外と多いと思います。

 

 

しかし、

モテる人は自分の内面を磨き続ける

し、人間の幅も大きくなっていき、

それが雰囲気に醸し出されて、

自然と異性を引き寄せる。

 

恋愛テクニックだけで、モテ続ける

事はありません。

 

 

これは会社の採用も同じこと。

採用のテクニックだけを身に着けて

も付き合った後に見切られてしまう

ように、本質的には会社のレベルを

上げていくことが前提です。

 

ですが、そのレベルをあげる

第一歩が大事です。

この第一歩を踏み出せるかが、人生

を大きく切り開く転換点になったり

すると思います。

 

 

恋愛と採用で共通する幸せを

つかむ人たちの共通のの行動傾向、

それが、

 

 

『理想の人を口説く』

 

 

という決意です。

決意から戦略が生まれ、質の高い

行動を生み出し、そして大きな成功

につながったりします。

 

 

 

今日の話は、採用戦線にいる人には

全員読んでいただきたい内容です。

 

 

その内容が

 

 

 

日ハムの大谷翔平を

口説いた物語

 

 

です。

 

 

2012年のドラフトで、大谷翔平は

メジャーにいくことを公言していて、

どの日本球団も獲得をあきらめ、

ドラフトで指名すらしませんでした。

 

しかし、そこに名乗りを上げた

たったひとつの球団。

 

 

 

それが日本ハムです。

 

 

 

大谷選手は日ハムに行く気は

さらさらなく、自分の夢である

メジャーへ挑戦するという一本槍

の状況。

 

とても意志は固かった。

 

 

ですが、、、

 

 

日ハムはわずか2カ月弱で

この大谷選手を翻意させ、日ハム

入団を決意させます。

 

 

まずは、日ハムの

「口説く」

と挑戦するスタンスがかっこいい。

そして、それを綿密な戦略を持って、

思いを持って口説き落とせたことが

素晴らしい。

 

 

 

今日はその口説いた資料をお見せします

※一般に公開されているんです。

 

 

この資料を読み込み、自社の採用戦略に

組み込んで、そこに合わせて

組織レベルも高めていけば、間違いなく

どんどん優秀な人を採用できるようになる

ことでしょう。

 

 

今日の資料は、今までいろんな企業の

採用資料を見ましたが、群を抜いて、

一番です。

これぞ、プロの仕事…。

 

 

この資料を作った人の情熱と、

ロジック、分析、戦略。

 

 

そして相手の立場に立った

思いやりあるプレゼンテーション。

 

そしてそのプレゼン通りに大谷

の夢をかなえた誠実さ。

 

すべてに心を打たれました。

あなたもこれを見たら驚愕

すると思います…。

 

 

大谷翔平選手を口説いた、

日ハムのプレゼン資料。

 

 

 

採用に関わる人はバイブルに

してほしい最高峰の資料だと

私は感じます。

 

これは、多くの会社が、

絶対に獲得したいという

理想の人材を採用するときに

活用できるでしょう。

 

 

 

大谷選手は、ドジャース、

レンジャース、レッドソックス

との面談を経て、日ハムは

ドラフトで交渉権利

を得たものの、

 

 

「自分の気持ちは変わりません。

評価していただいたのはありがたい

ですが、アメリカでやりたいという

気持ちは変わりません」

(大谷選手談)

 

こんな状態からスタートしました。

 

 

このシチュエーションで

 

「ちょっとまったぁ!!」

(古い…笑)

 

と勝負をかけられますか?

 

 

採用のシチュエーションで考えれば、

10名規模のベンチャー企業が、

グーグルやamazonと内定が

競合してそれを翻意させるような

感覚にも近いのではないでしょうか。

 

 

 

この時に使った資料が人事の間では

採用にとても使える資料で、最高の

参考書になっているとのこと。

 

 

この資料、見たくないですか?

マジですごいっす。

 

 

採用に関わる人は何度も見直す

べき資料ですね!

 

 

 

この資料のロジック、感情を動かす

内容、作った人は本当に天才です。

 

 

貴社もこのレベルの資料を作れたら、

勝率はぐんと高まるはずです。

 

 

弊社もこれは最高級事例として社内展開

する予定です。

ぜひ、採用力を上げる秘密兵器にして

ください。

 

 

 

以下、大谷選手を口説いた

採用プレゼン資料は以下をクリック

 

https://frenchkiss-emuzu2.ssl-lolipop.jp/03/zip/121213-nihonham-ohtani.pdf