news ニュース

【営業職の方向け】あなたは社長で仕事を選んでますか? 2018/06/09

こんにちは。

イノセル株式会社 内野 久です。

 

 

2018年6月某日。

 

年商102億円 営業利益33億円

11期連続増収増益を果たした

平尾丈社長との打ち合わせを行った。

 

平尾社長とお会いしたのは

もう10年前。

 

当時24歳だった平尾社長に

インタビューしたときは、

社員数は10名弱。

とにかくエネルギーが高く、

そのエネルギーに圧倒された

商談を鮮明に覚えている。

 

商談終了後に抱いた感想は、

 

こんなスーパーマンみたいな人

がいるのか…?

 

という尊敬の念と、

平尾社長のエネルギー量の

高さに1日のすべての気力を

使い、商談後放心状態だった

ことを覚えている。

 

私がサラリーマンとして

上司の顔色をうかがいながら、

うろちょろしているときに

平尾社長は着実に会社を

伸ばし、

年商100億円突破。

東証マザーズ上場。

営業利益33%という

モンスター級のすごい

会社を作り上げていた。

 

 

そんな平尾社長と10年ぶりに

再会する。

 

なんと感慨深く、ありがたい

話だろう。

 

訪れたオフィスは

和を基調とした先進的な

オフィスで、入っただけで

何か身が引き締まるような

エントランス。

 

そこで5分ほど待った後

その人は現れた。

 

「いやー内野さん、久しぶりですねぇ

10年ぶりですか?」

 

「そうですね10年は立ってますね」

 

「なんか(体が)大きくなりました?

昔はシュッとした印象でしたけど」

 

「そうなんですよ。あの時から

20Kgくらい大きくなりましたね笑」

 

なんて会話をしながら、感じていた

ことは、昔とは違う人を包み込む

ようなオーラだ。

↓㈱じげん 平尾社長との2ショット

 

私はこういう若手社長とお会いする

のが大好きだ。

 

挑戦と変革に次々取り組み、それを

形にし、顧客から圧倒的に支持される

事業を作った実績。

その実績にあぐらをかかず、謙虚に

まだまだ会社を成長させる

という高い意識。

 

こんな精神性を持っている人と

お会いすると自分もそのオーラに

あやかり、大きなことができそうな

勇気をもらえる。

 

そしてつくづく思うのは、どんな社長

と働くかで、働く人の器の大きさが

変わるということだ。

 

どんなに大きな器を持っている人も

縮こまって、守りに入り、とにかく

人を信用しない、ケチな社長の元

で働いたら、その人の器までしか

その会社では力を発揮できない。

 

でも大きなビジョンと器を持ち

成長が無限大だと信じている社長は

どんどん有能な社員を育てる。

 

平尾社長にはその大きさがある。

 

営業として転職を考えるリーダー職以上

の人に強く言いたいこと。

 

それは、社長で会社を決めなさい。

ということ。

 

営業系リーダーは転職後成果を残せば

一番出世コースに乗りやすい。

 

※多くの成長企業の要職ポジション

についている方は、皆軒並み

営業能力が著しく高い。

 

出世した後まっているのは、社長と

のダイレクトコミュニケーションの増加

だ。

 

その時に、この人、実はこんな人

だったの…とショックをうけるような

器の人だったり、価値観の合わない人

だったりすると、だんだんお互いの

関係がぎくしゃくしてくる。

 

多くの営業幹部層の転職理由でも

ある。

 

だから年収額とか、会社の格とか

で転職先を決めるのではなく

 

社長で会社を選ぶ

 

そんな選択肢をもつことを強く

お勧めする。

 

 

追伸:

毎月3~5社の社長にフリーに

インタビューし、社長の価値観を

知れる「社長マッチング」サイトは

こちらからクリック

https://inosell.co.jp/matchingmedia/