fbpx

news ニュース

ビジョンスピーチ 社員へ送った言葉 2022/02/03

経営者や人を束ねるリーダーに
必要なことはビジョンを語ること。

ビジョンスピーチを身に着けている
リーダーが成功者にたくさんいる
という話を聞いて、私も毎日
スピーチに磨きをかける勉強を
しております。

ビジョンをメンバーの腹に
落とせれば、現場の推進力は
上がります。

今日はとても恥ずかしいのですが、
社内メンバーに向けたメッセージ
をそのまま公開します。

数字の達成は大事ですが、
数字目標の達成だけでは、メンバー
の心に火が付きません。

そんな時に、創業の背景や、
会社の目指したい在り方を語り、
数字達成と紐づけることを意識
しております。

シチュエーションは月次の
営業会議前に送った内容。

あなたが営業メンバーを
効果的に動かしたいときの
スピーチ事例だと思って、ご覧
いただけたら幸いです。

以下本文です。
—————————

皆様、お疲れ様です!!

今日の会議の参加前にマインドセット
したいので、長文ですが以下を読んで
参加する様にお願いします。

すべての改善の目的はミッションの
在り方で過ごし、ビジョン達成の
プロセスです。

ですので、あらためて、私の会社を
作った目的やビジョンについて話します。
この前提をインストールしてるか
どうかで、会議の発言の質も
変わりますのでご覧頂き参加くださいね。

私は営業を面白くすると言うミッションを
掲げて会社を創業しました。その思いは
営業嫌いな若者が増えていることに
危機感があったからです。

前職で50大学ほどの就職教育に
関わりました。その中で大学生の
営業嫌いの現場を目の当たりにしました。

営業ってどんなイメージ?

と聞くと、

・人を騙して売ること。
・自社の都合のために売り込む。
・売るまで帰れない仕事。
・お願いして買ってもらう仕事。

などなど。あまりにも本来の
営業職の価値を理解していない
若者たちが多いことにショックを
受けました。

私自身、若い時は営業と言う
仕事を全く知らず、それこそ
学生が持つイメージのように、騙して
売る仕事と捉えた時もありました。
ですがリクルートの偉大な営業の
方と出会い、営業=問題解決、
しいてはビジネスを作る出発点。

と言うことを学び、私自身も
それを必死に勉強して、
本質的な営業力=問題解決能力
を身に付けられたと自負しています。

その力をつけてから、お客様から
ご紹介が相次ぎ、リピートが
相次ぎ、そして感謝され、自分の
低かった自己肯定感がどんどん
高まっていく経験をしました。

その結果200名の会社の役員に
昇進することができたのです。

私の人生は一変しました。
劇的に変わりました。

私の商品を買ったお客様は
親密になり、自分の貴重な
ネットワークになりました。

私自身も多くの偉大なお客様に囲まれ、
人格が向上していったように感じます。
そしてその結果、プライベートでも
人生が充実してきました。

営業と言う仕事に出会えなければ、
私は本当に社会に迷惑をかける存在
だったかもしれません。

 大げさな話ではなく、実家の両親
から上京するときに言われた言葉は、

「犯罪だけは犯さんでね」

と言われたほど、すさんでいたんです。
そんな自分の人生を劇的に好転させて
くれた仕事、

それが営業です。

本質的な営業に出会えたことが
私の人生を変えました。

しかし世の中には、本質的な営業を
社会に広めようと言う気概を持った
人はあまりにも少なすぎます。

本質的な営業力がないことによって、
人生の選択肢が狭まり、
ひどい人は自殺に追い込まれる人もいます。

私は人の人生の選択肢を増やしていく、
自分で決断できる状態で仕事ができる。
そんな人々たちを増やしていきたい。

それを推進することが、
営業という仕事に対する恩返しでもあります。

じゃあ、具体的に「営業を面白くする」
をビジネスにするとはどういうことか?

まずは、働く環境のマッチングで
人の力を最大化したいということです。

人の強みや目指すあり方、大事にして
いる価値観を十分に発揮できる職場を
提供することで、イキイキする
人を増やしたい。

これが営業職に特化した人材紹介ビジネス
です。単純に営業職を右から左へ
マッチングする事は我々の目指す姿では
ありません。

人の持つポテンシャル、潜在能力や、
人が思い描くビジョンや、
自分がとても大事にしている信念や
価値観それを発揮できる環境を
用意したり能力を磨く機会を提供する。

こんなことを念頭におき、
コンサルタントがしっかり1人の
求職者を深く把握した上で転職先の
企業をご紹介していくと言うあり方。

求人企業においては、創業者が
どんな思いでこの会社を作ったのか?
この先どんな世界を実現したいと
思っているのか?今何を大事にして
会社を経営しているのか?

どんなビジネスで、どういう
キャッシュポイントの上で
どんな成長戦略を具体的に
描いているのか?

どんな人たちを育成していきたいのか?
採用していきたいのか?

上っ面の企業のハード面だけではなく、
企業の内面を深く理解した状態で、
会社の実現したい未来を推進する
転職者のマッチングをする。

今、成し遂げないといけないこと
はこんなことです。

それを実現できるように
イノセルのコンサルタントがあり方
を磨いていく能力を磨いていく
ことを求めています。

もしあなたが転職をしたい時や、
社員を採用したいと思った時に、
こんなスタンスで支援をされたら
どういう風に感じますか?

嬉しいと思いませんか?

残念ながら人材紹介の業界には
このようなスタンスを持って
誇りを持って仕事をしている人は
とても少ないように感じています。

その結果、望まない採用や望まない
転職をする人たちがたくさん
いらっしゃること、こんな現場を
目の当たりにすると怒りすら感じます。

まずは私たちが目指す世界は、
マッチングした入社後も、

「営業が面白い」

と感謝される仕事です。

 そして採用した企業には

「こんな良い人材を採用できて
本当に感謝しています。」

そんな言葉をもらうことが
我々の仕事の意義です。

あなたは1人の求職者に
そんな姿勢で接していますか?

あなたは1求人企業にそのような
思いを持って支援をしていますか?

また、そもそも、弊社の契約先企業
で内定承諾をうめないことは
自己満足の仕事をしている
可能性があります

売上は、そんなあり方を体現してる
かどうかのリトマス紙でもあります。

目標を達成していない人は、

「あなたの提案はお金を払う
価値のないレベルの問題解決」

をしているということでもあります。

私はお客様に自慢できる社員を増やす
ことが楽しみです。

・何故、あんなにヒアリングできるの?
・あんな提案、エージェントから
聞いたことない!

・こんなレベルの高いエージェント
がいたなんて、、、めっちゃビジネス
リテラシー高いね。

・かしこいねぇ!頭いいねー!!

・営業採用における知識量がすごい!

・営業のキャリア形成でこんなに
専門知識持っている人に出会えて
よかった。

こんな言葉を社員がもらえたら
ゾクゾクします!

今日の会議では貴重な皆の
時間を使います。

一流の営業の在り方で、そして
一流の営業戦略コンサルタント
の在り方で、思考し、ガンガン
発言してください。

発言の量と質、というアウト
プットでチーム勝利のために
120%集中しましょう。

—————————

お恥ずかしい・・・。
ただ、数字を本人の成長している
姿や、お客様の感謝に接続する
ことを意図してこのビジョンスピーチ
を作りました。

月に1回の会議場面で、メンバーに
火をつけたいとき、ぜひご活用
いただけたら嬉しいです。