review 営業を面白くした転職者の声

  • 2007年にコンサルタント内野が転職支援した㈱ビーボ代表取締役の武川克己氏  34歳
  • 株式会社ビーボ代表取締役の武川克己氏  34歳 1984年京都府生まれ。 大阪経済大学在学中、立ち上げ間もないベンチャー企業に参画。 卒業後も約1年間経営に携わった後、同社をクローズして上京。 デジタルマーケティング会社でネットを使った事業企画・プロモーションなどに従事後、 2010年、株式会社ビーボを設立。 EC・通販事業をを開始して3年で、ベルタ酵素をはじめとする月商1億円以上のヒット商品を4アイテムつくり上げるなど、業界での知名度も高い。 現在はスマホアプリ事業・メディア事業・コンサルティング事業など、多角的な事業展開を行っており、さらなる新規事業も開発中。 台湾支社・フィリピン支社などのグローバル展開も加速している。

「常に120%」ということと、「神は細部に宿る」

これまでのキャリアをどんな考えをもって学生時代を歩んできたか教えてください。

◆日本を作ろうとしている幕末の志士に影響された


高校は野球しかやってきてないですね。
3歳くらいから父親にやらされていて、高校もずっと野球をしてました。
野球選手にならなきゃいけない、くらいの家庭で育ってきました。
大学も野球の推薦で入ったんですけど、
野球はもうやりたくないと思っていて、、、
野球大嫌いだったんですよ(笑)
1週間くらい練習行って、やめちゃって、、、そういう感じでした。

でも、その野球の経験が、今活きていることもあって、
社会人生活や、会社運営をしている上で
どんなことが起きたとしても、あの高校野球の時よりも
しんどいことはないと
今でもあえて自分に思い聞かせています。
あの時ほど大変じゃないし、あの時のことを考えたら、
今なんとかなるだろうと。

大学で野球をやめた後は、遊びまくりましたね。反動で。
2年間くらい遊んで、、、でも大学生の遊びなんてしれてて、
ただ、読書が好きで、本はずっと読んでました。
その読書の中で出会ったのが、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」でした。

「竜馬がゆく」を読んで、自分何やってるんだろうって思ったんです。
幕末の志士たちは、自分の人生を使って何するかを考えていて、
いつ殺されてもわからない状況の中、
ことをなせば死んでもいいと思っていて生きている。
自分の命をかけて、日本をつくろうとしている人たちの物語をみて、
自分は何をやっているんだろうって思ったんです。

当時、起業ブームで、テレビで起業家たちをみた時、
幕末の志士たちとかぶったんです。
今をとにかく生きている。何かをつくろうとしている。
自分の人生をかけて、ことをなそうとしている。
それが重なって。

幕末のときは志士たちだけど、今の時代は起業家たち。
自分も会社つくろうと思いました。それが大学2年生の終わりでした。

何をしたらいいかわからなかったので、検索をして
経営者があつまる交流会やセミナーに行って
そこで出会った人と大学のときに会社つくって、
卒業して1年くらいはその会社一緒にやって、
そのあとクローズして上京してきました。

その会社をクローズした理由も、
学生起業家としていろんなところで話をさせてもらっていたのですが、
自分は大阪なんですが、東京の学生起業家と比べられてて、
東京の起業家のほうが稼いでいて

これは大阪じゃないほうがいいな、東京に行きたいと思って。
今だと関係ないと分かっているんですが。

上京して1か月くらいはふらふらしていたんですが、
そのときに扱う金額は大きいほうがいいなと思って、
富裕層向けの不動産会社に入りました。

内野さんに相談させてもらったのは、不動産会社でで1年くらいやった時ですかね。
内野さんから紹介された会社では、転職サイトをやっていたので、
WEBに関われたなっていうのと、
学生の時から、常に目の前のことに120%自分の力を使おうと決めてたんで
なので入社後成果は出ていました。

後先考えてどうこうや自分のキャリアよりも、常に120%の力と120%の成果を出す。

それってめちゃくちゃ大事だと今でも思っていて、ビーボのクレドになっています。

これまでのキャリアを社会人になってから、どんな考えをもって歩んできたか教えてください。

「常に120%」ということと、「神は細部に宿る」というのはずっとこだわっています。

細かいこだわりの積み重ねが他社との差別化につながっていると思っています。
サラリーマンとして働いているときからそれは常に大切にしています。

今8期目を迎え、前期の売上は83億。
業績が伸びた理由を聞かれるんですが、正直よくわからない。
いろいろやってきてるんで。思いつく限りのことを常にやっている感じ。
悪かったものはやっていない。よかったものは続けている。
常に120%、スピーディーにやりきるというのを繰り返しています。

あと、ミッションを変えました。
何のために事業をしているのかを再度考えたというのはありますね。
社内の声を聴いたら、クレームが嫌だ、やってられないという話になって、
「武川さん、お客さんのこと知らないでしょ」って言われたんです。
お客さんがどれだけ悩んでて、なんでこの商品買ったのかとか、
全然知らないでしょと。お客さん全然見てないでしょって。

話をしている中で、
あれ?自分たち何のために仕事してるんだっけ?なんで会社作ったんだっけ?
なんでビーボっていう会社で働いているんだっけ?そういう考えにいたって、
理念やビジョンにシフトしたタイミングでした。
それが3期目の終わりくらい。
そういうのがたくさんあったと思います。

自分の営業の仕方の変化もすごくありました。

昔はどう理論武装するか、知識武装するかに命かけてました。
業界の知識、相手の情報。
知識勝負だと思っていたのが変わりました。
売りつけるではなく、お互いwinwinになるためには、
どっちがペコペコするわけでもないし、お互い楽しくないといけない。
どう面白いことが一緒にできるか。その場で一緒に考える。
そういう感覚になりました。

営業で、お客さんの反応がイエスかノーになっちゃっていたんです。
100人いたら、100のイエスかノーになってしまう。
でもこれっておかしいなと思って。

事業やビジネスってイエスかノーじゃない。
昔はイエスですかノーですかっていうコミュニケーションでした。
これって最悪だなって。いつどこで縁がつながるかわからないじゃないですか。
だから相手を長い目で見るようになったのかもしれないですね。

過去の失敗、失敗から得たことってありますか?

これは、サラリーマンの時にはわからなかったことなんですが、
経営者にとって採用って本当大事で、
正直・・・採用では過去失敗しましたね。

採用のエントリー、入社後のオンボーディング、ここの失敗はたくさんありますね。
忙しいから猫の手も借りたくてスキルだけで採用したり、
同じように入社後もすぐに仕事を任せたり。

結局自分たちが目指しているところ、理念に共感してもらわないと
ビーボではいい成果を出せるわけない。

会社が目指しているところに向かって、皆サービスを作ったり仕事しているので。
そのあたりのアンマッチを繰り返していました。

採用においては、会社内の理念浸透につきると思いました。
具体的には、3年半から4年くらい前から理念浸透の施策をしています。
ぶれないものがあるからこそ、
新しい人がそこにのってくるわけで、
理念の土台がないと、その人がやりたいことやっても成果はあがらない。

2年くらい前には、会社の中心人物になるだろうという人を集めて
ビジョン策定プロジェクトをつくりました。
もともと、理念、ビジョンはありましたが、当時とメンバーは変わっているので、
もう一回ビーボが目指していることや、
なぜビーボで働くのかを言語化しようと。
そのメンバーが半年かけて、
「なりたいに本気」
というビジョンを作りました。
このビジョンは会社では強いものになっています。

だから転職者の方も理念に共感する会社を選ぶことは大切だと思います。

やりたいことだけではなく、その会社に根付く根底の考え方なので。

若手ビジネスマンに向けたメッセージをください

長期的なキャリアよりも、目の前のことに120%の成果を出し続ける。
これ以外ないと思っています。
その先に何があるかなんて、その先にいかないとわからないわけで、
でも3年後どうこうとか、そこでうだうだするよりも
目の前のことに120%の成果を出すように取り組んだほうが、
最終的には自分が望むところにいきつく。そう思っています。

自分のなりたいところと違うって思っている人いると思うんですが、
新卒の入社式でも必ず言うことがあって、will can mustってあるじゃないですか。
もちろんwillは大事ですが、
willをもっと大きくしたり、より強いものにするためには、canが大きくないとできない。
canってできること。
できることを増やすためには、mustが大きくならないとcanも大きくならなくて、
できることが増えないと自分のやりたいこともできない。
このmustの部分を120%どうやるかによって
自分の人生やビジネスマンとしての可能性がひろがる。
これは真理だと思っています。

また弊社では、会社のフェーズによって変わると思いますが、
「曖昧な中でも進んでチャレンジする人」って
私たちのような会社では必要な要素です。

新しいことがチャレンジということでもない。
ベンチャーって、答えがない中、あいまいな中進んでいくんで、
「それ目的って何ですか?」って聞かれても、
いや、わかんないけど、やったら見つかる、
そんなこともいっぱいあるわけじゃないですか。

ビーボでは、「曖昧力」っていうんですが、あいまいな中でも突き進んでいける。

普遍的なものとしては、「変化を自分で作れる人」
変わっていくので。仕事内容も事業内容も。会社って。
市場も変わるし。変化をつくっていける人。

答えがない、あいまいな中でも自分で変化をつくりだしチャレンジしていける。
今後必要とされるビジネスパーソンの要素だと思います。

当時内野との転職支援で関わった際に覚えていること、教えてもらえますか?

もちろん前職の社長に出会わせてくれたというのもそうなんですが。
可能性を常に見てくれてたことですかね。

(内野さんの仕事は)可能性を見つける仕事なんだろうなと思いました。
だからいいなと思いましたし、ありがとうございますというか。
可能性を見つけてもらってよかった。

もともとウェブの経験まったくなかったのに、可能性をみてもらって、
信じてもらえて。先方の社長に交渉してくれた印象があります。


無料のご相談は以下からお気軽にお願いします



http://inosell.co.jp/contact/recruitform/