fbpx

review 営業が面白い会社のインタビュー

小林 玲菜様 株式会社オンリーストーリー

”中途採用の土台をゼロから作れたのは、イノセルさんだったからです”

中途採用の課題はどういったものでしたか。

当初、弊社で初めて中途採用を開始しようという時期でした。
会社も私自身も、中途採用について無知の状態から立ち上げを
しなければいけない状況だったので、
何が課題なのかさえわからない状況した。
また不安という点から、自社のカルチャーが壊れてしまうのでは…。
という漠然とした心配ごともたくさんありました。

イノセルを使った後にどんな変化がありましたか。

イノセルさんには、単に人を紹介する人材会社ではなく、
「中途採用の土台や、採用フローを一緒に作っていただけ」という印象です。
求人票を作成する前に、社内のことを丁寧にヒアリングして、
それを基に中途採用の求人票を作成していただきました。

社内にいては気づけない外部から見たオンリーストーリーの良さや、
強みになる点について細かくアドバイスいただけたので
とても助かりました。
その結果もあり、正社員だけでも新たに17名の方が入社に至り
去年に比べて2倍の34名になりました。
採用目標の数字だけではなくて、中途採用の基盤となるところを
ゼロの状態からイノセルさんと一緒に作れたことは
とても大きな成果だと思います。

またイノセルさんと出会って、採用費用+付加価値の動きをしていただける
エージェントさんを活用していきたいなと考えるようになりました。
というのも、もともとは「弊社はこんな事業を展開しています。
なので、こんな人材を募集しています。」
のような一方向性の採用をしていました。

しかし、小野さん(イノセルコンサルタント)と
たくさんコミュニケーションを取るなかで
エージェント会社が候補者の方に
「この会社は、こんな魅力があって素敵ですよ」と、
オンリーストーリーを紹介したくなるような
エージェント側の目線や考えをもつことの大切さに気づかされたのです。

採用目標や費用という定量的なところだけではなく
候補者とエージェント会社、両者にオンリーストーリを
共感していただける関係性を構築したい。と考えるようになりました。

イノセルと他の紹介会社の違いは何だと思いますか。

「丁寧さ」「グリップ力」「スピード感」です。
初回の打ち合わせで、代表の内野さんと担当の小野さんに
しっかりヒアリングをしていただきましたが、
当時採用を強化していた営業のポジションにおいて、
「営業マネージャーの話しを聞いて、より深く知りたい」と言って、
別日にあらためて来社されたのです。
文面から読み取れない会社の特徴や、
相性を深ぼって丁寧ヒアリングしていただけました。

つぎに、グリップ力については担当の小野さん自ら、
候補者へヒアリングおこない、不安を取り除いたうえで
オンリーストーリーと候補者で
「こんな取り組みをやっていきましょう!」という
提案や土台をつくってくださるところに毎回、助けられています。

最後のスピード感については、イノセルさんと
お取引が継続している理由のひとつにもなります。
複数のエージェント会社とやり取りをしていますが、
イノセルさんはレスポンスがとても早いという印象です。
採用が落ち着いてまた、採用再開になった場合でも
依頼をしたらすぐに対応いただけます。

スピード感だけではなく、こちらが求めている候補者を
的確にご紹介いただけたる点はとても信頼できます。

イノセルをほかの企業や人に勧めるとしたら、どういう企業や人に勧めたいですか。

実はすでに、他企業の人事担当者から
「こういう営業マンを採用したいけど出会えない」という
相談を受けたとき、必ずイノセルさんにお繋ぎしています(笑)。

ご紹介する方は、経営者や役員の方なので、
ただ採用領域だけで考えているのではなく、
経営課題を解決するために採用を考えている方が多い。

採用だけではなく、採用を通して「自社をこんな風にしていきたいよね」とか、
「世の中をこんな風に変えていきたい」そのうえで、
どんな人たちを大切にしていきたいのかという、
経営者としての考え方がしっかりされている方がほとんどです。

経営者は、採用の課題で悩む時間よりも、
経営ビジョンに焦点を充てられる時間をつくるために採用があるので、
そういう悩みや課題を持っていらっしゃる人事や
経営者の方から相談をいただくと、「一緒にやっていきましょう!」
という気持ちでイノセルさんを紹介しています。