news ニュース

文章で売る力を高める年末年始に読むべき3つの本 2020/12/22

いつもお世話になります。
イノセル内野です。

今日は明確にゴールをもって
この文章を書いています。

そのゴールとは、

あなたに、

「文章を書くという決意を
してもらうこと」

です。

もし文章を書く力が高まれば生産性が
2倍になるよと言われたら、
どうお感じになりますか?

いきなりどうした?

と思うかもしれませんので、事の経緯
を多少お話しさせてください。

というのも、最近改めて文章能力
が業績に直結するな!!と痛感し
ているんです。

弊社では最近SNSのツイッター、Facebook
を有志の社員で運用開始しました。

その効果の高さに驚いています。

わずか1カ月で、転職者のご紹介が
3名ほど。
企業からのお問い合わせが6社ほど。

しかも、これ、一切告知していません。
セールスをかけずに、このお問い合わせ
が来たのです。

またこれまでにも弊社は文章によって
大きな成果を上げているんです。
その一例をご紹介すると、、、

・SNSを通じて、取引がスタートした
会社が92社。

・スカウト文章の平均レスポンス率9%。
トップスカウターは26%の返信率です。
※業界平均1%です。

・文章を使って対面せずに上がった売上額、
1190万円。

などなど。

文章能力を高めることは、
売上の生産性を劇的に向上させる、
確実な技術であると私は確信しています。

しかし、これをしっかり提唱している
意見は少ないし、書籍にもなっていない。

そして、売上と文章能力が相関するという
価値観を持っている人も非常に少ないかも
しれません。

では、まず、そもそも文章能力の定義とは
何でしょうか?

ここの定義を自分たちで決定しておくこと
が第一歩です。

私達は、以下のように定義しています。

『文章を通じて人の心を動かし、
行動を起こさせる力=文章能力』

ですから、芥川賞を目指す小説家の
ような文章力の向上を目指していません。

『言葉の力で人を動かす』

この1点に集中して毎日のように文章能力
を磨きこんでいるのです。

◆文章能力を高めるメリットって何?

文章能力を高めるとどんないいことが
あるか?私が体験したことを羅列します。

・SNSで見込み客がザクザク増える

・メールで売上があがる

・読んだ人から感動され、感謝される

・文章だけで自分のファンが増えていく

・報告文章の精度があがり上司に評価される

・電話や対面で話す能力が低い人でも
営業で圧倒的成果をあげられる

・毎日頭がよくなっている実感がわく

・言葉のセンスが磨かれ、異性にモテる
ようになる※結婚前の話です

・営業トークのレベルもあがり、
成約率が向上する

などなど。本当にいいことづくめです。

◆もとは生涯読書30冊のヤバい
編集者だった私…

文章能力を高めるメリットをご覧いただき
心が動くものはありましたか?

では、具体的にどうすれば文章能力が
高まるか?

その具体的ステップをご紹介します。

と、その前に、ちょっと私のエピソードを
紹介させてください。

正直、今でも私は文章がうまいとは
思っていませんが、昔はひどいレベルで、
出版で編集をやっているのに、20歳までの
生涯読書量が漫画を除くと30冊ほど。

そんな人間で、出版関係者の方から、毎日

「信じられないバカだ」

と来る日も来る日も罵詈雑言を浴びせ
かけられ続けた経験があります。

そんな自分でも、「人を動かす」文章能力
を多少は身に着けて、結果を残せるように
なったきっかけ。

それが、

「見込み客探しが死ぬほど嫌」

で、これを何とか回避したかったからです。

営業プロセスで、最もつらいのはお客様を
探す作業であることは、経験者なら
同意してもらえるのではないでしょうか?

電話や飛び込みでの新規開拓作業は
本当にきついっすよねぇ…。

このプッシュ戦術の探客活動をゼロにしたい
というネガティブな欲求から、私は人を
動かす文章を学ぼうと思ったのです。

求人広告時代に、私は1年間、毎日飛び込み
営業を続けたことがあります。

毎日、飛び込み先の企業で、

「ゴミを見るような視線」
「挨拶をしても全員から無視される経験」
「飛び込みと分かった瞬間、怒鳴られた経験」

自尊心がズタボロにされた1年でした。

私は意外と繊細でしたので、飛び込み営業で
浴びせかけられ続ける言葉がひどすぎて、
何度も何度も「営業をやめよう」と思って
いたんですね。

あと、テレアポをしても、相手が、
自分が営業だと分かった瞬間に

「あ、間に合ってまーす」
「うちは結構ですー」

というシャットダウンモードになるのも
最初つらくて…。

(今では自分のメンタルを鍛えてくれた
という意味ではテレアポと飛び込みには
意義を感じているし、感謝している
面も大きいです)

人として扱われない対応が嫌すぎて、
このプロセスを踏まずに、何とか見込み客
を探すことはできないだろうか…?

こんな強い動機があったんです。

その動機をきっかけに、
コピーライティングを学びはじめて、
今では10年以上の月日が経ちました。

その結果、イノセル株式会社では92社
のお客様はSNSからのお問い合わせ。
メルマガからの開拓が12社ほど。
HPからのお問い合わせが10社ほど。

どベンチャー企業で何の信頼もない会社が、
問い合わせのみでお取引を拡大できています。

※最近は新人訓練のためにテレアポも
スタートしました。

見込み客探しにおいて精神的な苦労がないこと
は、営業を面白くする秘訣だと思います。

◆じゃあ具体的にどうやって文章能力を
高めるのか?

これは、シンプルで、以下の3ステップ
を踏めば、文章能力はぐんぐん高まる
でしょう。

【売る文章能力が高まる3ステップ】

1. 人を動かせる文章について解説した
本を読む。最低3回。

2. 1と同時に学んだことを誰か
一人を想定して文章を書いて発信する。
※まずはTwitter、Facebook
 からスタート。

3.2で反応がよかったものをメルマガや
 ブログ、noteなどにまとめる

これを繰り返していれば、間違いなく
人を動かす=売上を動かす文章の力が
手に入ります。

このプロセスの中で一番の問題は
1です。

ここで、どんな本を読むか?

これが最も重要なポイントです。教わる先生
を間違えれば、得られる結果は変わって
しまうので。先生選びは重要なんです。

今日は人を動かし売上を動かす文章能力を
高めるために、私が何度も読み返している
良書をご紹介して終わりにいたします。

もし、文章能力を高めたい人は以下の本を
購入するところからぜひスタートしてみて
ください。
【売る文章能力が高まる良書】

・書くのがしんどい
https://amzn.to/3mEvfPz

・禁断のセールスコピーライティング
https://amzn.to/3hb83Hi

・影響力の武器
https://amzn.to/2KLgKvY

まずは、このあたりを3回ほどリピート
して読んでいただきながら、文章を1日
1回以上アウトプットすれば、劇的に
文章能力は高まると思います。

年末年始、ぜひ、こちらご覧いただき、
パワーアップの機会になれば、とても
嬉しいです。

さらに、年明けまでには、何かしら
文章をアウトプットする機会を作って
いただくと、営業の見込み客探しに
大きな変革を起こせることでしょう。

また、アウトプットの事例として私の
Twitterも参考になるかもしれ
ません。

フォローしていただければ、SNSで
売れる文章能力を高める情報を毎日
発信いたします。

ぜひ、以下、フォローをお願いします~

https://twitter.com/uchinoinosell