news ニュース

零細企業がトップセールスマンを採用するには? 2019/04/23

こんにちは。イノセル内野です。

 

2019年4月1日からイノセルに

2人目の社員が入社しました。

 

名前は小野くん。

29歳。

 

彼はもともと歯科商社のトップセールス

で新事業部門の責任者。

 

全く違う業界の出身ですが、

彼は転職相談に行く人材紹介会社から

ことごとく内定を取得した男。

 

第一印象

発する言葉

営業マインドの高さ

目標に対する執着心

 

すべてにおいて図抜けた能力を

持っていると思います。

 

彼が内定を取得した会社の中には

弊社以外でも

 

平均年収1100万円のヘッドハンティング

会社などもあり、イノセルが

彼を口説くには、多くのハードルが

ありました。

 

ブランド無し。

実績なし。

知名度無し。

年収提示額も勝てず。

 

 

そんな中で彼はたった2名しかいない

弊社を多くの内定先企業から選択して

くれました。

 

これは、本当に私にとっては、

ものすごくうれしい出来事で、

サプライズな出来事でした。

 

 

しかも新婚さん。

 

奥様はこんな零細企業に入社する

ことをどう思ったのでしょうか?

 

不安と反対しかなかったでしょう。

 

 

彼は入社して、素晴らしい初動で

期待を大きく上回る3週間を

過ごしています。

 

 

彼にスカウトメールの打ち方を

教えたら、1週間で25名の返信を

取得。

 

マニュアルを自身で読み込み、

面談の仕方を覚えたり、

 

私のやり方を盗み高いレベルで面談や

商談を実施しています。

 

 

その結果、すでに小野ファンの

転職者も多数。

 

売上という結果を残すのも時間の

問題です。

 

 

そんな彼がなぜ多くの会社を

断り弊社を選んでくれたのか。

 

 

 

それは、

 

情報開示

共に作っていく未来イメージを

稼げるイメージ

現実の実績

 

これを組み合わせて、熱意を

もって何度もアプローチした

からではないかと思います。

 

 

 

零細企業が優秀な営業マンを

採用するには、ロジック30%

ビジョン60%、情報の質が

10%ではないかと私は

感じております。

 

 

営業を面白くするという使命の元、

事業展開のフェーズ1、2、3を

語り、自分の過去をさらけ出し、

現在の実績情報を開示し、

うちで身に着けられる経験や、

未来を語り、口頭だけじゃなく

資料やメッセージでも伝える。

 

とにかく100%やれることを

すべてやろう。

 

という意思で、ほんのわずかの差

で弊社を選択してくれたのだと

思います。

 

 

採用は究極の営業活動。

 

営業採用は自分より能力の高い人は

採用できません。

 

そんなことをクライアントに今まで

語り続けてきましたが、それを

体感する出来事でした。

 

 

彼と一緒に作っていく未来がとても

楽しみです。

 

 

今日は報告みたいになってしまい

ましたが、ぜひ弊社の小野を

よろしくお願いします。

 

 

小野は以下のページに掲載

しております。

以下をぜひクリックしてみてください。

 

https://inosell.co.jp/consultant/

 

 

 

追伸

小野君の奥様、いつもブログをご覧いただき

ありがとうございます。

大活躍しております。選んでよかったという

会社になるべく日々精進してまいりますね。

 

また企業の皆様。

これから小野が訪問させて

いただくことも多くなると思いますが、

ぜひ温かく迎えていただきますよう

よろしくお願いいたします。

 

 

イノセル内野