news ニュース

文章で営業トップをとった男 2018/08/06

こんにちは。

イノセル株式会社 内野 久です。

 

私の友人に元大手研修会社でトップセールス

になった紀藤さんという方がいる。

 

紀藤さんは今、偶然同じシェアオフィスで

働いていおり研修会社を退職して、

最近独立された。

 

彼の面白いところは、人とは全く違う

方法で年間業績トップセールスをとった

ところ。

 

トップセールスになった後のお客さんと

の関係性が素晴らしい。

 

紀藤さんのトップセールスをとった

プロセスでは以下のようなことが起こっている。

 

・嫌いな人とは仕事をしないで済む

 

・紀藤さんの呼びかけで、あっという間に

お客さんが20~30名集まる

 

・広告も出してないのに、いつも

注文連絡が入る。

 

・紀藤さんのことを大好きなファンが2800名

もいる。

 

 

彼との接点は、私の前々職の職場が

同じで、そこからの縁でもある。

 

求人広告の営業時代、彼は、

毎週一定の新規アプローチ活動

(電話、飛び込み)を行い、

一定成果を残していたが、今は

そういう新規アプローチを全く

していないらしい。

 

 

どうやってその結果を残したのか?

 

私は気になって、彼の営業手法を

詳しく聞いてみた。

 

その営業手法とは人とは全く違う

やり方だった。

 

その手法とは・・・

 

メルマガ

 

だ。

 

 

営業での成果が圧倒的に

変わり始めたのが、

このメールマガジンを発行し始め

てからだそうだ。

 

彼は今1600日メルマガを

出し続けている。

 

 

その結果、

 

・売上のきっかけがほぼメールから入る

 

・趣味のマラソンの話をしていたら

受注になることもしばしば

 

・クロージングした記憶がない…。

 

・販売単価は数十万円から数百万円。

 

・年間受注額6000万円を達成。

 

・異なる業界出身で日本1位の業績

 

 

そんな成果を手にしている。

 

なぜ、メルマガでこんなに

売上があがるのか?

 

私なりに分析してみたところ…

 

営業で売れるためには、二つの

要素が必要だ。

 

一つ目は、商品のよさ

 

商品=自分の問題を解決するもの

 

自分の問題を解決できそうな

ものなら商品は売れる。

 

 

二つ目は、売る人の人間性

 

売る人が信頼できそう、大好きな

人なら、物は売れる。

 

 

この2つがミックスされると

物は爆発的に売れる。

 

 

メルマガは、この二つ目の要素を

完全にカバーしている。

 

メルマガを送り続けることで、

紀藤さんの考え方や価値観に触れ、

紀藤さんの考えに共感する人は、

どんどん紀藤さんを好きになるし、

逆に合わない人は、いなくなる。

 

 

結果、続ければ続けるほど自分の

価値観に共感するお客さんばかり

のコミュニティができあがるのだ。

 

私も紀藤さんに影響をうけ、メルマガを

スタートした。

 

実際、私はメルマガをスタートして

1か月強だが、すでに仕事を

3つほどメールだけでいただくこと

ができた。

 

こういったやり方をあなたの営業社員

が身に着けたら、何が起こるか?

 

  • 見込み顧客が絶えない状態

 

  • 強い商品が出てきても買ってくれる

顧客基盤ができる

 

  • 一本のメールで数百万円の売上が

たつ

 

4.営業=会社のファンが急増する

 

 

実は8月後半でこの紀藤さんと、

メルマガでの営業をどのような手順

で行うかのセミナーを開催することに

なった。

 

しっかりとした時間をかけて、ファン顧客を

育成するメルマガの方法を知りたいなら、

ぜひ参加すべき充実した内容だ。

 

興味のある方は是非返信ください。

 

 

【メルマガセミナーの詳細】

 

外資系研修会社で日本1になった営業マンが

メルマガでどうやってトップを獲得したのか?

研修講師:紀藤康行氏

 

「メルマガトップセールス講座」

▼日時:8月22日(水)19:00~21:00

▼場所:東京都千代田区九段下1-5-6 りそな九段ビル5F
    KSフロアー セミナールーム

▼参加費:1万円(税込)

 

参加されたい方は以下の申し込みフォームより

ご参加お願いします。

https://ws.formzu.net/fgen/S68097563/

 

 

 

◆営業のコツ◆

メールを続ける=ファンづくりにつながる