news ニュース

【営業職の方向け】勝てなかった日本代表 2018/07/03

こんにちは。

イノセル株式会社 内野 久です。

いやー、、、悔しい。
サッカーW杯、日本はベルギーに
2対0とリードしながら、
2対3の逆転負け。

後半に2点をリードして、後半に
3点を奪われ逆転される展開。

試合はエキサイティングで、
選手も全力を出し切った。
素晴らしい試合だったと思う。

ただ、1サッカーファンとして
感じたことを今日は伝えたい。

結果がすべてだから、
「たられば」の話をしても意味はない。

でも、自分の気持ちが収まらない
ので今日の試合をみた感想を
シェアしたいと思う。

私が今日の試合で最も感じたこと
それは・・・

西野監督の頭の中に、
ポーランド戦の批判が
頭にこびりついていたのではないか
ということ。

ベスト16だ!

・ここで選手に全力を出し切らせよう。
・悔いのない戦いをしよう。

ベスト8進出よりもこの戦う姿勢を
維持することを目的としていたの
ではないか?
と思ってしまうのだ。

このマインド自体は理解できる。

でも2対0にリードした時、
ベスト8を本気で心に決めて
いるなら、この時こそ、
ポーランド戦の後半で行った
ようなリスクを避ける戦い方を
選択する方法もあった。

今回の決勝トーナメントの
試合を見て日本代表を非難する人は
いないだろう。

それほど、戦いぶりは素晴らしかったし、
FIFAランク3位の相手によくぞ
ここまで追い詰めた。

それが世間のサッカー評だと思う。

しかし、後半に2対0とリードする
最高の状況の時に、

勝ち切る

という選択の中には、2つの選択
があった。

1つ目、もう1点を取って試合を決める
2つ目、リスクを冒さず、ボールを
回し2対0で守りきる。

西野監督は一つ目の選択を決断した。

結果逆転負け。

ここで3対0になって勝利していれば
西野監督は絶賛される。

でも逆転負けしたら監督の判断ミス
と評価される。

でも、守り切って負けたら
もっと非難される

最後の試合になるかもしれない場面で
周りから非難されても、

守って勝つ選択をとる

それは難しいことだと思う。
最後の最後まで攻め切って力を
出し尽くした勝負のほうが見ている人
もやっている人も気持ちいいに決まって
いる。

それで負けたとしても
仕方がない

となるだろう。

でも世界の強豪チームなら
2対0になった時点で、そのまま
攻めるスタンスでゲーム運びは
しないはず。

監督が状況に応じた現実的な
意思決定ができなかったことが
日本の敗戦を招いたと私は思う。

これって仕事でも同じようなこと
があるなと。
事業をうまくいかせるときに、
リスクをしょって攻めの展開に出る
意思決定をする。

ただ、無難に進めれば利益を得られ
る状態で無理をせずとも勝てる状態
がある。ただそれはエキサイティング
な意思決定ではない。

でも、社員はそのリスクをしょって
攻める姿勢を取りたい。
そのほうが気持ちいいから。

経営者はそういった周りからの
期待へ反応するのではなく、
結果を得るために意思決定をする
必要がある。

この日本代表の試合を見て私が
学んだことだ。

日本はベスト8が目的だった
なら、2対0の時に違う選択肢を
とるべきだったんじゃないかなぁ。

相手はFIFAランク3位の
優勝候補。
攻めていれば当然カウンターリスクが
ある。
だからベルギーはたぶん

「2対0になってもまだ攻めてくるんだ。
だったらうちもチャンスあるね」

と考えていたんじゃないか。

日本はベルギーを甘く見たととらえられ
ても仕方がない。

1サッカーファンの意見でした。

この結果を招いたのは監督の
これまた意思決定。

選手に責任はない。

勝てば官軍
負ければ非難される。

監督や経営者って結果でしか評価されない
シビアな仕事だな…。

あまりにも悔しすぎて、
偉そうなことばかり書いて
すみません。

◆営業マネージャー転職で成功をつかむ言葉◆

「目的を達成するために状況に合わせた
 柔軟な意思決定をする」

最後に
もっと力を存分に発揮したい!環境変化の機会を
作ろうとしている営業マネージャー方や
今のスキルをもっと高めて、もっと成果を出し続けたいと考える
営業マネージャーの方はこちらからお気軽にお問い合わせください。
こちらからお気軽にお問い合わせください。

個人の方用お問い合わせフォーム