news ニュース

【営業職の方向け】裏切ったと思われる約束の仕方 2018/06/04

こんにちは。

イノセル株式会社 内野 久です。

 

妻との約束を破った。

 

約束したことは毎週会食には多くて3回。

2回に抑えること。

 

しかし、今週は4連続会食。

先週も4連続会食。

 

俺からすると、独立したばかりで

平日にそんなゆっくりできるなんて

ありえないだろ。

 

そんな思いも正直ある。

ただ、問題は約束をしたときだ。

 

 

6か月前に約束をしたとき、

 

「毎週2回は必ず娘と

一緒に風呂に入るから。」

 

と確かに約束している。

 

この時は起業してもないし、

起業後のタイムスケジュール

もそこまでシミュレーション

できていなかった。

 

週2回ふろに入れる時間に

帰宅することは余裕でしょ

くらいに考えていた。

 

しかし、実際はこの6か月

約束を守れた週は2回?

3回?

そんなレベル。

 

約束をするときに、

もう少し慎重になればよかった。

 

いったん1か月、頑張ってみるわ。

それで、ちゃんと継続できるか、

もう1回話し合おう。

 

とかで対応していたらもう少し

イメージが変わったかもな…。

 

 

単発で済む約束は深く考えず

ばんばんすればいい。

でも習慣的に行動が変わる約束は、

慎重になる必要があるなと

私は感じた。

 

 

仕事でも同じことがいえないだろうか?

 

 

お客様や上司と約束をするとき、

習慣的に発生する行動変化における

約束。

 

これは慎重にやらないと、自分の

信頼を失うことになる。

 

私は3日坊主癖がある。

 

だから、継続しないのが最大の弱点。

 

そうそう継続できることは多くない。

それが自分の性格だし、特質だ。

 

習慣的な行動につながる約束について

は自分の人生における優先順位を

考え、優先順位の高いことに使いたい

時間はどのくらいか?

 

その時間を確保したうえで余る時間は

どの程度か?

 

この時間の見積もりが約束の前に必要だ。

 

毎週○○をやります。

毎月○○をやります。

 

こういった継続的な行動を相手に約束

し、守ったら高い信頼関係を築ける。

 

しかし優先順位が大きく変わる可能性

を持った人は、安易にこの約束は

してはいけないと思う。

 

本当に組織にとって、自分にとって

大事なことが何か?

 

これを日々考えておくと、

優先順位がはっきりするから、

受けるべき約束と、断る約束事項が

見えてくるんだと感じる。

 

 

追伸

このメールは妻も見ているので

妻との約束を守れるよう時間管理

をする努力をしていることは

付け加えておきます笑

早く人を採用したい…。